ひめゆりの塔

沖縄・九州の旅から昨日帰宅しました。
楽しかったが、船で移動したので疲れたぁ~

沖縄は2回目だったが、ひめゆりの塔ははじめていきました。
d0096534_11445846.jpg

ひめゆり学徒は沖縄師範学校女子部と第一高等女学校の生徒で構成されていた。 1945年5月25日に撤退命令が出た南風原陸軍病院からなんかしてきたひめゆり学徒は本部、太田、第一、第二、第三の各外科壕に配属された。6月18日ひめゆり学徒の解散命令がでた。翌19日、脱出のため、現在ひめゆりの塔がある第三外科壕に集合したが、ガス弾をぶちこまれ多数の死者を出した。 解散以前は軍とともに行動していたが、解散後は避難民の同じように砲撃の中を逃げ回る事になった。ひめゆり学徒の死者は解散後に多く出ている。
http://www.himeyuri.or.jp/top.htm

戦争の酷さをズシ~ンと感じた。
館内では体験談のビデオ・日記などがあり第一外科闘にいた方の話なども実際に聞くことができた。

寂しいと言う気持ちは贅沢なものと聞いた事がある。
今日生きるか死ぬか分からない場所で生きている人たちは、寂しいと言う感情はない。
しかし、学生らは違ったと思う。
戦前と言うとても想像できないぐらい酷い状態で彼女らは家族・友達の事を想いあっていた
励ましあい、家族のと離れ離れになった事をとても寂しいと感じていた。

私達は彼女たちの死を経た歴史の上に生きている。
彼女達の事は忘れてはいけない。
二度と戦争をしてはいけないと改めて感じた。
[PR]
by pixar_inc | 2007-02-08 12:25 | 旅行
<< LOST LOST >>